読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのたまクエスト

東京都の小学校教員。

かいけつゾロリ おどろき!あさどくしょ

 今日は朝読書の日。

 

 メ◯カリで新しく仕入れた本を教室の前に置き、「この本も読んでいいよ!」と黒板にコメントをつけておいた。

 

 『かいけつゾロリ』シリーズを25冊。

 

 さて、どうだろう。

 職員朝会を終えて、ドキドキワクワクしながら教室に向かった。

 

 いつもの感じだと、半分くらいの子が立ち歩いていて友だちと話している。中にはまだ朝の支度が終わってない子も…。「ほら、本読むよー」と声をかけてやっと本を読み始める、そんな感じだ。

 

 今日は…、果たして…。

 

 

 

 教室に入って驚いた。

 ほぼ全ての子が読書に没頭している…!

 

 その手には、『かいけつゾロリ』!!!

 クラスの半分くらいの子が『かいけつゾロリ』を持っていた。

 

 す、すごい…。恐るべし、かいけつゾロリ…!!

 

 

 

 こちらが圧倒されるほどの集中ぶり。

 1時間目が図書の時間だったので朝の会を飛ばして、そのまま続けることにした。

 

 

… 

 自分も子どもの頃、大好きだったなぁ。

 小学生だったとき、特に読んでいたものを少し思いだしてみた。

 

  

 記念すべき、1作目。武器の一覧表が載っていて、子どもの頃ワクワクしたのを覚えているなぁ。真似して描いてみたり、オリジナルの作ってみたり。

 

 

 

 これもおもしろかったなぁ。ゾロリがヒーローになるんだよね。バカバカしいけど、なんか感動する一作。

 

 

  

 これは、発売してすぐおばあちゃんに買ってもらったなぁ。料理をしたくなる。

 

 

 『かいけつゾロリ』シリーズを読むと創作意欲が湧いてくるんだよね。

 子どもたちの豊かな発想力を促進させる本だと思う。

 

 本は本来、面白くて、子どもたちにとって魅力的なものなんだ。本の力、面白さは偉大だ。

 その面白さとの「出会い」を陰ながら支えていきたい。

「読みなさい」

 なんてムリに読ませることなんて必要ないんだよな。むしろ、その言葉が本嫌いを加速させる。

 

 面白い本を手にできる環境を用意すること、これがまず大切だ。

 つまらなかったら途中で読むのをやめたっていい。その分、選べるだけの多様な選択肢を用意しておきたい。

 

 

「面白いのかわからなかったけど、みんなが読んでたから、読んでみたらめちゃめちゃ面白かった!」

 ちょっとやんちゃな男の子が友だちと話していた。

 想像でだけど、今日は最初、読書好きな7割くらいの子が本を自分から手にしていたのだろう。その空気というか、面白そうな雰囲気が読書の苦手な子の読む勇気に繋がったのだと思う。

 とりあえず読んでみる、チャレンジしてみる、この感覚を大切にしていきたい。そして、お互いに緩やかに刺激しあって、共に成長していく教室にしていきたい。

 

 んー、色々考えさせられたな。

 

 次は、『かいけつゾロリ』からいかに違う本に繋げていくか。ここが課題かな。 

 

 読書が自然な教室に。

 目指すビジョンが少し現実に見えてきた感じがする。