あいらんど。

東京都 小学校教員 服と本と文房具 暮らしと学びとあいらんど

「トイ・ストーリー4」から自分について考える

この怒りとも似たモヤモヤこそが、この映画の最大の魅力である。
この映画はそこまで意図して作成されたのか。そうであったのならば、史上稀に見る名作である。


トイ・ストーリー4」を観てきた。


鑑賞後どうもモヤモヤが残りyahooのレビューを見て驚いた。
評価1の嵐。荒れに荒れていた。


自分も小さい頃から「トイ・ストーリー」を見て育った。今までで1番観た映画でもある。それだけに「このラストには納得がいかない」、そのレビューも頷けた。


トイ・ストーリー4」のメッセージは端的にして明確だ。


今までの「トイ・ストーリー」はタイトルの通り「おもちゃのお話」だった。
おもちゃとしての社会。おもちゃとしての秩序。おもちゃとしての役割。
それに加えて、愛情と友情。
それを「トイ・ストーリー1」から丁寧に丁寧に描いてきた。だからこそ、あの「トイ・ストーリー3」のラストには感動させられた。


そして今作は「おもちゃ」ではなく、“ウッディ”という「トイ・ストーリーの主人公の話」だということ。


「あなたはまだ本当のトイ・ストーリーを知らない」


ウッディがおもちゃという概念に囚われず、自身の生きる道を選ぶのである。

 

それが「本当のトイ・ストーリー


自分の心に従って、無限の彼方へさあ行くぞ!

非常に現代的なメッセージだ。


ピクサーが意図として作った「トイ・ストーリー4」のメッセージはそこまでの作品だったのかもしれない。

 


しかし、あのラスト。


今までの作品を覆すウッディの選択。
最後まで返ってこないボイス・ボックス。
あまりにもあっさりとした苦楽を共にした仲間たちと相棒バズとの別れ。


どう?このラストモヤモヤしない?
モヤモヤするよね?
本当にこのラストでいいの?


もしも、ほんとにもしも、このモヤモヤが出てくるところまで考えて僕たちに問いかけていたとするならば、恐ろしい映画だ。


ウッディに対するモヤモヤはそっくりそのまま自分自身に対するモヤモヤへと帰ってくる。


昔はもっと友だち思いだった。何の迷いもなく誰かの為を思って行動していた。


でも、それが今どうだろう。


「あいつの生き方を尊重しよう。」
そんな綺麗事を言っていつの間にか、人を思いやる気持ちを忘れてはいないだろうか。


「人それぞれの色んな生き方がある。」
そう言って、誤った道を行く人を見て見ぬふりをしていないだろうか。


今作に対するモヤモヤを介して、自分自身に対するモヤモヤに気付いた。

 


今まではこんなんじゃなかった!

 


自分はどう生きるべきか。
自分はどうあれば幸せか。
それを考えるあまり、利己的になりすぎてはいないだろうか。

それを成長だと勘違いしてはいないだろうか。


AIの進化と共に確実に変わってきているこの社会の価値観。


でも、そこに邁進する余り忘れてしまっていることはないだろうか。


あの泥臭く真っ直ぐなウッディが大好きだった。
あの他者を思いやる正義感溢れるウッディが大好きだった。


この怒りとも言えるモヤモヤがでるのは、ウッディが主人公であり、ここまで人を虜し感情移入する「トイ・ストーリー」という作品の続編でしかありえない。


トイ・ストーリー4」という映画はそのラストのモヤモヤにおいて、今の社会に対する1つの警鐘を鳴らしている。
そして、正しい道標を「トイ・ストーリー」という素晴らしい今までの作品をコントラストとしてより鮮明に輝かせることで示している。


このモヤモヤをもてたことに正直になろう。


これは原点回帰じゃない。
ウッディが自身のボイス・ボックスを失ったように「誰かの為に」自分自身を傷つけることでもない。


自己実現」のその先へ、改めて「トイ・ストーリー」の前作を観て考えたいと思う。